Loading

takuho photo diary

【メディア掲載実績】2016年6月8日産経新聞 全国版 6月9日ヤフーニュースに掲載されました。

「阿部さんところの息子さん新聞に載ってたよ」

父の友人から父にそのような連絡入ったそうです。

 

 

実は産経新聞さんが数週間前に

取材にお越しにになられていたのですが

いつ載るのかまだ分からなかったんですよね。

それでどうなったのかな〜〜〜あの件なんて思っていたら

 

気づいたら載ってました(笑)

ついでにヤフーニュースにも取り上げて頂きました\(^o^)/

以下はヤフーニュースより転載

既成概念にとらわれない、新たな価値観で結婚式や記念イベントを楽しむカップルが増えている。式の代わりにこだわりの写真を撮影する「フォトウエディング」を選んだり、会場を手作りして世界に1つだけの式を演出したり。そうしたニーズに応えるインターネットサイトも登場している。

◆新婚旅行にお金

「まずは見つめ合ってみましょうか」

5月上旬、大阪市中央公会堂(大阪市北区)を背景に、純白のドレスとタキシードに身を包んだ男女が、カメラマンのかけ声に合わせ、さまざまなポーズを取る。

大阪府吹田市の坂本和也さん(35)と美穂さん(26)夫婦は、挙式はせず、記念写真撮影のみの「フォトウエディング」を選んだ。

フォトウェディングの撮影の様子

「ありきたりな式はつまらないと思って…」と美穂さん。和也さんも「式にお金をかける価値を見いだせなかった」と語る。

2人の写真を収めたアルバム(20ページ)のほか、すべての画像データ、レンタル衣装代などを含めて費用は約20万円。「カメラマンに緊張をほぐしてもらいながら、私たちらしい“結婚式”を撮ってもらいました」と2人は満足そうにほほえむ。式を挙げない代わりに、新婚旅行にはお金をかけるつもりという。

撮影を担当した阿部写真館(大阪市西区)の阿部拓歩さん(36)によると、ここ数年、坂本さん夫婦のようにフォトウエディングを選ぶカップルが増えている。「式にお金をかけるよりも、旅行や新生活に向けた準備にお金をかけたいという人が多いです」と説明する。

 

ヤフーニュースより抜粋

という訳で同時に二つものメディアに取り上げて頂き光栄です。

これからもガンバリマス!

西山知義 会長と松村厚久 社長の対談 雑誌ビジネスチャンス

パッションリーダーズのセミナーのyoutubeスライドショー

関連記事

  1. 写真は進化したのにフォトスタジオは進化していない

    2016.05.14
  2. 写真が苦手な人でも笑顔で撮れるワケ

    2015.06.12
  3. バカ息子なりに経営戦略について考えてみた

    2016.05.22
  4. 【メディア取材】NHKにて写真館経営者としてインタビューを受けました。

    2016.09.02
  5. 写真館では「笑って」と無理な笑顔を求められる?

    2014.03.24
  6. キャノンさんから取材して頂きました!

    2016.10.02
PAGE TOP