1. HOME
  2. ブログ
  3. 名刺が仕事に繋がらない2つの原因

名刺が仕事に繋がらない2つの原因

名刺の作り方 悪い例名刺が仕事に繋がらない2つの原因

こんにちは。阿部フォトグラフィ株式会社の阿部拓歩です。日本株式会社と名刺には書いてありますが、もちろんこれはウソの名刺です。今、夜中の1時。ブログを書くにはちょうど良い時間帯です。

 

さて、前置きはおいといて・・・

よくある営業先での怖い話・・・・。

例えば僕がこんな名刺を差し出したとしましょう。

で、「日本株式会社の阿部ですけど仕事下さい!」っていったらどうなります?

仕事頂けますか?

そんな訳無いですよね。

そりゃそうだ(笑)。

では・・・・。名刺交換の時に熱いトークを披露したとしましょう。あなたも僕の熱意に「ちょっといいかもな・・・・。」って思ったとしましょう。

そしたらどうでしょう?

それで仕事、バンバンきますか?

残念ながらそれでも仕事は来ません。

 

なぜでしょうか?

名刺が仕事に繋がらない理由①顔を忘れてしまう

何ヶ月か後にこういうことが起こります。あ~~そういえばこの前話した人に相談してみたいんだけど誰だっけな~~と思いながら名刺ファイルをめくるあなた。

その中にあるたくさんの名刺。あれ?この人誰だっけ?いつ名刺交換したんだっけ?名前を見ても思い出せない・・・・・。う~~ん、でもまぁ・・・いっか。ネットで他を探してみよう!

 

名刺の作り方 悪い例

名刺が仕事に繋がらない理由②強みが分からない

日本株式会社だけでは何が得意なのか全く分かりませんよね。

輸入品を卸売りしているのかもしれないし、

パソコンを売っているのかもしれない。

「パソコンの販売ならお任せ下さい!」とあなたの会社が何の役に立つのかを表現されていません。

いかがでしょうか?

ちょっと悲しい。いや、かなり悲しい物語です。

けどこんな出来事結構起こってると思うんですよね。

だからこそ、名刺には「仕事」してもらわなければならない。

そのためにまず考えるべきこと。

そもそも何故名刺は必要なのでしょうか?

名刺というビジネスの基本のツールは一体なんのためにあるのでしょうか?

名刺の作り方3つのポイントを見るにはこちら

関連記事