Loading

TAKUHO photo diary

燃える国 Burned country

燃える国 burned country

テレビや新聞を支配しているから
都合の悪い情報は流させない。

国民の関心を逸らし、
スムーズに事を進めるために、
どの局でも平和な番組を流し続ける。

まるで大本営の嘘みたい。

資本主義という名の実験室の中で、
それは静かに進んでいく。

全ては奴らのテーブルの上。

 

その黒くて冷たいテーブルの上にあるのは、

輸入モノのカセットコンロに、

火の手が上がっても気づかない茹でガエル。

地球規模の壮大な実験。

それは静かに進んでいく。

 

Because he dominates television and newspaper
He does not let inconvenient information flow.

He deviated the interest of the people,
In order to advance things smoothly,
He keeps running peaceful programs at every station.
It seems like a lie of the former Japanese army headquarters.

In the laboratory named capitalism,
It goes quietly.

Everything is on their table.

It is on the black cold table,

Boiled frog that does not notice even if fire comes up to foreign cassette stove.

A grand scale experiment on a global scale.
It goes quietly.

no camera, no life

すべての物事は必然である

関連記事

  1. For exhibition in New York

    2017.07.25
  2. 古い夢  old dream

    2017.07.02
  3. オカミが作った美しい国

    2017.02.21
  4. 資本主義と方舟   Capitalism and Ark

    2017.07.04
  5. まぼろしのようなじかん

    2017.06.23
  6. 台無しの美しい田園風景 Ruined country scenery

    2017.06.29
PAGE TOP