Loading

TAKUHO photo diary

嘘のような話 A story like a lie

嘘のような話 A story like a lie

高校生の頃の話。

僕たちは悪いことをした。

侵略したんだってマジメ先生に教わった。

本当かどうか尋ねると

「私はいつも正しいんだ。」

「それに教科書に書いてあるんだから間違いない」という。

 

 

ところが、最近聞いた噂によると

あのマジメ先生が学校をクビになったらしい。

給料も大して上がらないせいか、つい魔が差したんだって。

本当かどうか尋ねると

「みんな言ってるんだからマジだよ。」

「それに新聞に書いてあるんだから間違いない」という。

 

 

 

 

ところで先週読んだマンガの一節に

「歴史は勝者が都合よく書き換える。」

「事実さえ勝者が都合よく書き換える。」

って書いてあった。

マンガだから信用はできないけど。

 

でも、本当の黒幕は誰なのか

新聞や教科書は決して教えない。

嘘のような話 A story like a lie

A story about when I was a high school student.

We did bad things.

Serious teacher told me that we invaded.

When asking whether it is true or not

“I am always right.”

“There is no doubt because it’s written in textbooks”.

 

However, according to rumors heard recently

That serious teacher seems to have been fired.

Because his salary did not rise so much, it was because the devil gave it.

When asking whether it is true or not

“It’s true that everyone is saying that.”

“There is no doubt because it’s written in the newspaper.”

 

 

By the way it was written in a passage of a manga that I read last week.

“The history will be rewritten conveniently by the winners.”

“Even facts will be rewritten conveniently by the winners.”

I can not trust because it was written in manga though.

 

But newspapers and textbooks will never tell who is the real masterpiece.

嘘のような話 A story like a lie

For exhibition in New York

短い時間

関連記事

  1. 資本主義と方舟   Capitalism and Ark

    2017.07.04
  2. オカミが作った美しい国

    2017.02.21
  3. トマッタラオワリ Do not stop at all

    2017.08.13
  4. no camera, no life

    2017.07.06
  5. まぼろしのようなじかん

    2017.06.23
  6. 愚民政策 Policy to make the people stupid

    2017.06.30
PAGE TOP