Loading

TAKUHO photo diary

顔出しと株価の関係性 リーダーの条件

顔出しと株価の関係性

今年で79年になります写真館を経営しているボクですが、

最近世の中の流れが変わってきているなと思う。

色んな所で言われていることですが、モノの時代は終わったんです。

今の日本の閉塞感もその新しい時代へいくために踊り場なのかもしれない・・・・。

モノの時代の終焉

ビジネスで大切になってきていること。

それはどんな商品やサービスを取り扱うかという「何」ではなく、
一体誰がどんな思いでその商品を届けているかという
「誰」が重要になってきているのはこのブログでも繰り返しお伝えしていることであります。

でも、中にはこんな声もあった。

「10人ぐらいの小さな会社ではそうかもしれないけど、ある程度の規模になるとそれは難しいよ。」

「組織にしなきゃ。システムでやらないとそれ以上は上にいけないよ。」

そんな声もあったのですが、エクスマの藤村正宏先生に面白い事を聞いたので今日はそれをシェアしますね。

まずはこのグラフをみてください。

IMG_1868

リーマンショック後の上場企業の株価の推移を表したグラフなのですが

企業のホームページ上に社長や役員の顔が出ているかどうかでグループ分けをしたんだそうです。

すると・・・・

顔を出してない企業と出している企業の間で1.6倍の株価の開きがあった。

さらに、そのトップのメッセージの「主語」も分析。

IMG_1870

60%アップ 「私たち」はこんな想いをもって事業をやっています

40%アップ 「弊社は」こんな想いをもっと事業をやっています

31%アップ (主語がなく)こんな想いをもって事業をやっています

 

そしてこの2つをまとめたら衝撃的・・・・。

 

ホームページに社長や役員の顔が出ていて

「私たち」という自分を強く認識したメッセージを出している企業と

顔すらでていない企業の間に株価にして倍以上の開きがあったのです。

IMG_1872

とデータにしてみたが、

そんなことしなくても答えはカンタンなのだ。

 

考えてみて欲しい。

 

企業のトップが明確なメッセージを発信してボクはこんな想いで今度の商品を作ったんですとか発表している会社。

もう一方のトップは何を考えているのか分からない。

 

 

あなたはどっちの会社が好きになるだろうか??

どっちの会社を信頼するだろうか?

 

リーダー自らが先頭に立って責任をもって発言してる会社と

リーダーの顔が見えない会社。

 

どっちを応援したいかなんて決まってる。

これからは中小企業だけではなく大企業も「顔を出す事」が重要になってきている。

自分のパーソナリティーを表現し社会に想いを届けることのリーダーが求められています。

リーダーの資質

沢山の人を幸せに導くリーダーが今,求められている。

 

匿名でなら立派な事が言えても、実名の場合は責任ある発言が出来ない・・・。

そういったリーダーを今の社会は求めていないのでしょうね。

 

自分の顔を出せること。

これからのビジネスパーソンに求められる条件になりつつあるのかもしれません。

 

尊敬するネクシィーズの近藤太香巳社長の就活生へのメッセージを見ていて感じたのはそんなことでした。

プロフィール顔写真
Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

「部屋」を売る前に「人」を売る不動産会社。

舞台裏をご紹介します。スタッフ紹介 瀬川カメラマン

関連記事

  1. 成功している20代社長の共通点

    2015.08.30
  2. 【生き残るには変わるしかない】いがらし朝青(あさお)さんとデビット・ボウイのまと…

    2017.02.02
  3. リーダーはヒーローでなくてはならない

    2015.07.07
  4. 松村厚久社長の素顔

    2015.08.29
  5. HOME’s 井上高志社長から教わった「利他の心」

    2016.06.25
  6. 近藤太香巳社長に学ぶリーダーの条件

    2015.09.09
PAGE TOP