経営理念

真実を見定める

伊丹空港のJALラウンジで整備中の飛行機を眺めながらブログを書いています。

これから2泊3日で東京へ行くのですがまだ少し頭痛が残っています。

 

やはり日頃の体調管理をしっかりしないとダメですね。
ところで、

皆さんは坂本龍馬は好きですか?
明治維新は好きですか?

僕も嫌いでは無いのですが、みんながあまりに明治のヒーローの事を好きなので、ちょっとどうかな??・・・・って思ってたんですね。

なんかみんなが良いって盲信してると疑いたくなる訳であります。

僕の性格が悪いのかも知れません。

でも、こういった事って大事だと思うんですよ。

現代は沢山の情報が溢れていてどれを信用したら良いのか分かりません。

だからこそ自分の目で見て判断する事が一番大切。

その善悪を人に委ねていては本当の意味での自立した個人になる事は出来ないと思う訳であります。

そんな事を考えていたら

最近新しいモノの見方を教えてくれる人に出会ったんです。

 

1505285_313452402194340_5766383689597584329_n

1941年大阪に生まれる。関西学院大学文学部卒業。1977年から1985年まで、スタンフォード大学フーヴァー研究所Posdoctral Fellow。「CIAのオファーを蹴ったリアルラストサムライ」を自称する。 ウィキペディアより抜粋

その人は西鋭夫さんという人で、アメリカのスタンフォード大学とか言うところでずっと働いていて、アメリカのCIAにスパイにならないか?
と誘われたけど、日本国籍を捨てる事が出来なくて断ったという勇者であります。

その先生が言うにはなんと明治維新に黒幕が居たらしいのです。

 

坂本龍馬は維新のヒーローでは無くて、黒幕が用意したコマの一つに過ぎないと言うのです(龍馬ファンの皆さんゴメンなさいm(_ _)m)

 

それを初めて読んだ時、「面白い事言う人だなぁーー」と不謹慎にも思ってしまいました。

 

講演ではこんな事が語られています。

維新のヒーロー坂本龍馬に誰がカネを出したのか?

海援隊という5〜60人の働いてない男たちを養うカネはどこからでてきたのか?

大量の武器(今の価値で50億円とも言われます)を買うカネはどこからでてきたのか?軍艦を買う金は?全国各地に出張しまくるカネは?一体、誰が何の目的でそのカネをだしたのか?

日本中の刺客から狙われていた坂本龍馬、一体だれが殺したのか?なぜ犯人が分からなかったのか?

 

西先生の言うことが正しいのか?

・・・・真実は分かりません。

けれど一方的に嘘だと決め付けるのはもったいない。

またそういったモノの見方は危険だと思います。

 

経営理念

ウチの会社が大切にしている経営理念。それは「今日だけではなく10年後、100年後にも笑顔を届ける」というミッションから始まります。

 

ジョンレノンもこう歌って死んでいきました。

Give me some truth(真実を教えてくれ!)

生きていく上で本当に大切なことは何か?

家族を大切にするとか、情熱を持って生きるとか、色々あると思いますが

「自分の目で見て善悪の判断すること」もその一つだと思います。

人が言わない事を言う西先生は刺激的な人だなぁと思いました。

あなたも良かったら読んでみてくださいね。

詳細はこちらから

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP