Loading

TAKUHO photo diary

いまさら聞けないブランディングの重要性

阿部写真館 創業当時の写真

 

渋谷の桜ヶ丘町にある喫茶室ルノアールよりお届けします。

今日は経営的なお話。

 

  • 会社や事業に永続的な価値をもたらし、収益を上げ続ける仕組みが欲しい。

  • 放っておいても会社が回っていくようにして安心して眠っていたい(笑)

 

経営者なら誰しもそう思うわけでありますが

そう思った時に必要なものは何でしょうか・・・。

 

 

パッと思い浮かんだのは「独占」

 

あるものの独占的な販売権だったり、特許や商標など。

そういったものがあれば収益は半永久的に生まれます。

細かい状況は省きますが私の会社もかつてその恩恵を受けたことがあります。

独占的取引はオイシイであります。

 

 

けれど、独占禁止法なんてものが世の中にはあるので

大きなビジネスになればなるほど上手く行きません。

また一旦オイシイ思いをすると人間は中々そこから抜けだせません。

既得権益の汁は甘いであります。

それによって恩恵を受けた組織が変わるのは大変であります。

 

 

では独占できない状況であってもビジネスが強さを発揮するにはどうしたら良いか?

それは「ブランドを築く」以外には方法はないのではないでしょうか。

 

阿部写真館 創業当時の写真

僕の曽祖父と創業当時の阿部写真館の様子。ブランドは一夜では築けない。実績と信用の積み重ねあるのみ。

これは80年間会社をやってきて、やっぱりそうだと確信しているのであります。

(僕は4代目として生まれただけだけど)

 

めっちゃ当たり前の事です。

 

考えてみましょう・・・・例えば、

あなたは軽くて動きやすいスニーカーを必要としています。

 

ドンキホーテに出かけて行ってスニーカーを買うとしますよね。

ひとつは何処のメーカーかわからないスニーカー。中国製?日本製?それすら分かりません。

もう一方はナイキのスニーカー(ドンキになかったらごめんなさい)。

値段は同じです。

 

どっちを買いますか?
答えはもちろんナイキになります・・・・・よね?

 

 
どうせ買うならブランドが安心です。

そう、いまさらだけどブランドは重要なんです。

それを作ることは経営者にとって超重要な仕事なんであります。

 

それが再確認できた所で、、、、

 

あなたのビジネスはいかがでしょうか?

ブランド化されてますか?

 

 

もしブランドが無いなら「分かりやすい価値」が必要です。

日本一とか、地域で1番とか、ここでしか手に入らないとか。

でもそれって結構難しいんですよね。
特にこの物が溢れている世の中では。

 

 

でも絶対に真似されなくて、誰にでもできる方法もあります。

またその方法はブランド化のファーストステップでも有ります。

 

それは、、、

 

あなた自身をブランドにする事。

あなたの想いを発信すること。

あなたの顔を出し、ブランド責任者としてお客に価値を約束するのです。

これはなかなか真似できません。

 

偽物が真似してもバレますから。

日本一の経営者交流会をたった4年で築いたネクシィーズの近藤太香巳社長もこう言っています。

ブランディングの重要性

 

 

 

あなたの想いや哲学、

なぜこのサービスを届けているのか?

 

どんどん発信していきましょう。

モノではなくヒトで勝負しましょう。

あなた自身のブランドがますます輝きますように。

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラを向けられて「笑顔が出来る」のはプロのモデルだけ。

雑誌 ビジネスチャンスさんの撮影対談記 イングランディーレ田中社長

関連記事

  1. 雑記

    2016.05.06
  2. 2016.04.22
  3. パッションリーダーズ 定例会レポート QED倶楽部 蛍の夕べ

    2015.06.28
  4. 真実を見定める

    2015.05.28
  5. 経営者のプロフィール写真

    2015.10.10
  6. 家族写真を残しておきましょう。

    2016.03.26
PAGE TOP