Loading

TAKUHO photo diary

近藤太香巳社長の最新刊「リーダーは背中で語れ」が手元に届きました

リーダーは背中で語れのPOP①

和歌山の白浜にあるホテルで目覚めました。

目の前には白い海が見えます。

シーズン直前だからでしょうか。人は少ないようです。

唯一雨なのが残念・・・・。

せっかくのオフをのんびり過ごしたいと思います。

 

 

世の中に必要とされていることを写真で発信したい。写真館の経営をする傍らずっとそう考えてきました。

自分がライフワークとして撮影をするテーマを探していたのです。

それが2年前に近藤太香巳社長との出会いがあり、ボクのライフワークは近藤太香巳社長を撮ることになっていきました。

 

写真を通じて「情熱を持って生きるニッポンのリーダー像」を伝えたかったのです。

 

そして今日は皆さんにお知らせ。

ボクが撮影を手がけた書籍。

「リーダーは背中で語れ」がついに発売されます!

 

リーダーは背中で語れ

刷り上がってきた本をはじめてご披露してくれた近藤太香巳社長。

本の帯より引用・・・

「高校を2度中退し、19歳で創業した会社がやがて東証一部上場企業に。

幾千の社長の背中を見て著者が学び気づいたリーダーとしての仕事と人生を描き出す。」

「次なるリーダーはこの男だと断言する」

楽天東北ゴールデンイーグルス シニアアドバイザー

星野仙一

引用終わり

リーダーの皆さん!

この本は必読ですよ!!

リーダーは背中で語れのPOP①

リーダーは背中で語れの店頭販売用POP①本の帯をかいているのは、野球界を代表する監督の星野仙一さん。近藤太香巳社長とはとても仲良しなんだそうです。

ボクの写真も良いですが(←自分で言うなって)

それよりもこの本に込められた近藤太香巳社長の熱い想いを感じ取ってもらいたいです!

日本には近藤太香巳社長のようなリーダーが必要。

逆境に打ち勝つ経営者になるにはどう在れば良いのか?

「見とれよ!俺は絶対復活してやる!」思わず叫んだ言葉で著者がどのように復活し、それ以上に成功の階段をかけ登っていったのか?

そして孫正義さんとの出会いから感じたことなどを熱く語っている本です。

リーダーは背中で語れの店頭販売用POP②企画と営業においては日本一との呼び声も高い近藤太香巳社長。パッションリーダーズはLEDに電子書籍。手がける事業の多くで日本一の実績をお持ちです。

リーダーは背中で語れの店頭販売用POP②企画と営業においては日本一との呼び声も高い近藤太香巳社長。パッションリーダーズはLEDに電子書籍。手がける事業の多くで日本一の実績をお持ちです。

紀伊國屋さんをはじめ全国の書店にまもなく並びます。

 

経営者や役職者などリーダーになりたい人は今スグ注文してくださいね。

沢山の応援者がいる人ですので、もしかしたら本も無くなっちゃうかもしれません。

僕は30冊買ったのですが、他にも100冊以上買ったという仲間が僕が知っているだけで2〜3人。

近藤太香巳社長を慕い、その想いを届けたいという経営者が沢山いるのです。

 

アマゾンさんでは既に手に入るようです。

こちらから注文どうぞ

当たり前だけどテクニックでは人の心は動かない。

起業するなら売るのは商品ではなく「社長自身」

関連記事

  1. ビジネスに大切なのはコミュニケーション

    2015.07.30
  2. 遊びのようなお仕事を。

    2015.05.31
  3. プロカメラマンの写真の色調整テクニックを大公開!

    2015.08.20
  4. 名刺が仕事に繋がらない2つの原因

    2015.01.11
  5. 「何」を売るかを考えるより重要なたった一つの事

    2015.06.17
  6. 真実を見定める

    2015.05.28
PAGE TOP