講演の様子を写真でレポート!パッケージ松浦さん 後編

今日は前回の記事の続き。

今では全国を飛び回って講演活動している松浦さん。

でも・・・

始めからそんな事ができていたわけではなかった。

取引先から値引き交渉されたり、苦しい下請け時代も経験した松浦社長。

どのようにして苦境を抜け出したのか?

パッケージマーケティングを提唱するまで

2002年に家業のパッケージ屋を継いだ松浦さん、、、始めはこう思っていたそう。

「すぐに捨てられるお菓子の包み紙。ウチの仕事なんて意味ないんじゃないだろうか。」

価格競争に巻き込まれていた会社。取引先からの値下げ要求。作っても捨てられる運命のパッケージ。自分の仕事に意味を見出せなかったそうなんです。

パッケージ松浦社長の松浦陽司さんの写真

会場中を走り回る講演家の松浦社長。

会場全員との集合写真

講演が終わって会場全員と集合写真。全国から豆腐屋さんが250人ぐらい集まった。

そんな松浦さんが変わるきっかけになったのは師匠の藤村正宏さんとの出会いでした。師匠の藤村正宏さんが提唱しているエクスペリエンスマーケティングが彼の人生を変えた。(そういえばボクの人生も)

エクスマの藤村正宏先生と仲間たち

一番右が創始者の藤村正宏さん。ボクは2005年に塾に入塾。色んな事を教わってきた。一番左に松浦社長。

エクスペリエンスマーケティング、、、通称エクスマは「モノを売るのではなく体験を売る」という考え方がベースであります。もう誰もモノは欲しくない。モノを通じて得られる体験や感動や発見が欲しいのだという考え方。小売業の間では有名な雑誌「商業界」でも数十ページもの特集を組まれるほどの、旬なビジネス思想です。藤村正宏さんの著書も20冊ぐらいでている。

エクスマとの出会いで松浦社長はこんな風に考えるようになりました。

私たちはパッケージを売ってるんではない。

ブランドづくりのお手伝いをしているのだ。

松浦社長のサイン

講演のあと。1つずつ丁寧にサインに応える松浦社長。味のある字ですね。

師匠の藤村正宏さんのアドバイスもあって、パッケージで売上が上がったり、ブランドが出来上がったりした事例を毎日ブログに投稿し始めました。続けること2年。750個の事例をブログにアップした頃、念願だった出版という夢が叶ったそうです。

そうして出来たのがコレ。

売れるパッケージ5つの法則と70の事例 

(書籍について見るにはこちら。アマゾンのサイトに飛びます。)

売れるパッケージ5つの法則と70の事例 

表紙の写真はボクが撮影させて頂きました。小売業や食品業の方には超おすすめの一冊です。

 

松浦社長とボク。

撮影後に控室で一緒にパチリ。魚眼レンズをつけて自撮り(^^ゞ

いかがでしたでしょうか??

松浦社長がずっと続けてきた地道なブログ更新。

今ではブログの記事数は1500記事を超えています。

まさに継続は力なりですね。

プロフィール顔写真

記事を気に入ってくれたらシェアしてね(^^ゞイイねやリツイートも大歓迎。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP