Loading

BLOG

写真のセレクトの仕方〜伝えたいことは何?

朝からデスクワークをしています。

パソコンの前で「寒い寒い・・・」と凍えながら仕事をしていたら・・・

なんとエアコンがついていなかった!!

部屋が温まるのを待ちながら

かじかんだ手で更新していきたいと思います。

今日は皆さんが悩んでいるであろうポイントについてお話しますね。

よく「どのカットを選んだら良いかわからない」と聞きます。

そこで考えてみて欲しいのですが、

今から「使う写真」を選ばなければならないとしたら

どのような写真を選びますか?

1,キレイに撮れてる写真

2,自然に撮れてる写真

3,なんとなく直感で

いかがでしょうか?

答えは・・・どれも正解といえば正解です・・・・・

が!大切なことがひとつ。

それは「何を伝えたいのか」です。

見た人にどんな風に感じてもらいたいのか?
一体何を伝えるための写真でしょうか?

写真はスポーツと違って正解はありません。
「正しいカット」なんてないのです。

もう一度考えてみましょう。
写真は伝えたいことを伝えるための道具です。

もし迷ったら身近な人に選んでもらうことをオススメします。
もしくは一次選考は自分でして、2次選考は奥さんに・・・
なんて方もいらっしゃいます。

いずれにせよ「伝えたいこと」はあなたが決めて下さいね。
あなたがどこに行きたいかを周囲は知りませんから。

___________________________

伝えたいこと(目的やゴール)を客観的な視点で。

___________________________

僕がいつも意識していることです。
良かったら参考にしてみてください。

オシャレな写真が良いわけではない。オシャレでカッコ良く撮れていても「親近感」が出ないこともある。 表現とは選択です。 オシャレかつ、優しそうで強そうで、伝わるなんて無理なんです。 一番伝えたいことはなんなのか?? 考えてみましょう

オシャレな写真が良いわけではない。オシャレでカッコ良く撮れていても「親近感」が出ないこともある。
表現とは選択です。
オシャレかつ、優しそうで強そうで、伝わるなんて無理なんです。
一番伝えたいことはなんなのか??
考えてみましょう。

上司の在り方〜口だけで言うのはカンタンだけど・・・・

残念なフェイスブックのプロフィール画像

PAGE TOP