Loading

TAKUHO photo diary

正論では人は動かない。

日本交通 川鍋一朗社長

今日は昨日の記事の続き。

魅力的「ではない」タクシー業界

離職率が高いと言われているタクシー業界。実際のところはどうなのだろう?

知恵袋を調べてみると、こんな声があった。

夜が遅く体力的にキツい

一年に一回は信号待ちしていて後ろから突っ込まれてしまう(危険な仕事)

給料が鬼のように安く、家族を養うどころか自分一人生活するのも大変

運送会社は仕事は会社が見つけてくれるけどタクシーは自分で見つけなければならないのが大変(ドライバーからの意見)

http://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q1336060478

なぜ日本交通に就職したのですか?

と聞いたところ出てきた答えは

家から近かったから。

なりたくてなってるわけじゃないという現実。

モチベーションを上げろ!虚しく響く声。

そんな中で、ある日突然に会社に現れた社長の息子。

モチベーションをあげろ!

その声を聞いてタクシーの運転手さんたちはどう思ったのだろう。

タクシー王と言われた創業者の孫。
お金持ちにイケメンと言うだけで嫌われてもおかしくはない。

聞けばMBAを持っているとの事。

社長の息子の指示をどう受け止めたのだろう。

ついたあだ名は

社員との間には溝ができていた。

 

 

それにしても、よく分かります・・・・。

僕も同じようなことをしてましたから。

25歳で東京から帰ってきた僕。

「〇〇すべき」と正論を振りかざしていました。

でも、正論を言えば人が動くかといえばそんなことはないんです。

何を言うかより「誰」が言うかが大切です。

プライドを傷つけられた川鍋がキレた。本来なら歩み寄って修復を図るべきなのに、逆に背中を向けた。2000年7月に子会社「日交マイクル」を立ち上げて、営業を開始した。以前から構想を温めていたという会員制ミニバン・ハイヤー事業で、「マイクル」というのは「MyCrew」という意味だという。理屈として筋は悪くなかった。だがそれを現場に落とし込んでいくには実践力が足りない。しかも孤立無援。最初の数カ月で数千万円の赤字を出し、慌てて撤退することになる。

GLOBIS 知見録より抜粋

 

どうすれば良いのか教えて欲しい

そのように社員に頼んだんだそうです。

 

10個の施策を打って当たるのは2〜3個。

それでいいんです。

やれば出来るそう思わせることが大切。

 

 

 

220万回もの再生回数を記録したこの映像を見れば

川鍋社長のリーダーシップがよく分かります。

タクシー王子の苦悩

孤立したリーダーが失敗から気づいた一つの事。

関連記事

  1. 時代に取り残されない為に

    2015.06.15
  2. 香港から来てくれたIsaac夫妻と

    2016.02.22
  3. HOME’s 井上高志社長から教わった「利他の心」

    2016.06.25
  4. 1日1食生活を継続ちう。

    2016.04.03
  5. 誰でもわかる!お客様が倍増するソーシャルメディアの使い方!

    2014.03.30
  6. 櫻田厚会長の講演

    2016.05.05
PAGE TOP