Loading

TAKUHO photo diary

残念なフェイスブックのプロフィール画像

フェイスブックなどの画像設定で、いつももったいないと思う事があります。
それがこんな写真。

フェイスブックと同じようにあえて小さく表示してみました。

 

残念な画像

ところで・・・・これ誰だかわかります??

僕ってわからないですよね。
すごくカンタンで単純なことですが
顔の大きさが小さすぎて認識できないんです。

一方、下のプロフィール写真は僕が現在プロフィール写真に使ってる写真。

分かりやすい画像

 

どうですか?わかりやすいでしょ?

フェイスブックに限らず何でもちょっとした工夫で大きく結果は変わってきます。
今お使いの写真をそのまま使うにしても
ちょっとだけ顔を大きくするだけで、認識されやすくなるかもしれません。
もしフェイスブックを使う目的がお客さんに自分を知ってもらう事だとしたら・・・・
今すぐ取り入れてみてはいかがでしょうか?

サムネイルの編集から変更すればカンタンです。

画像設定の仕方

通常、ビジネスマンは忙しいです。
自分がどんな人間なのか?わかりやすくしておく事はとっても大切。

「人からこんな風に見られたい」
それが分かりにくくなってしまう原因の一つ。

実際人にはいろんな側面があります。
人が出会っていく中で意外な一面を知り、好感を持つ。
けれど、それは出会って、ある程度の時間を共にした後の話。

何のためのプロフィール写真か?
プロフィール写真は「あなたの入り口」なんですよね。

初めからいろんな側面なんて要らないんです。
お客さんにとって分かりやすいあなたでいた方が伝わると思いますよ(*^_^*)

ちなみに・・・・プライベートで使いたい場合は・・・・
お好きにどうぞ(笑)

 

では今日も良い一日を!

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

写真のセレクトの仕方〜伝えたいことは何?

価格ではなく価値で売るために~アクセス解析からの気付き

関連記事

  1. テクニックより伝える力を磨く

    2015.08.23
  2. 思い出の写真データは2箇所に保存すべし

    2015.08.08
  3. 舞台裏をご紹介します。スタッフ紹介 瀬川カメラマン

    2015.07.11
  4. 人は120年生きられる。成功の9ステップでの学び

    2014.03.13
  5. 真実を見定める

    2015.05.28
  6. 取り留めもない休日日記

    2015.08.27
PAGE TOP