ボクが撮ったマックスさんの写真

本気で学ぶ。クリエイターに必要な「伝えるチカラ」

写真が上手なだけではダメ。

カメラマンという職業で生きているボク。当然写真は上手じゃないと話にならない。当たり前ですけどね。じゃあ写真が上手だったらそれで良いのか?といえば全くそんなことはない。

写真を撮ることが難しかった時代はそれでも良かった。でも誰でも写真を撮れる今の時代では、なかなか難しい。そもそも技術の高い写真でも、それの活かし方を間違えると全く意味がなくなる。

今のボクに必要な事はなんだろう。

それを自問自答した時に出てきたのが伝えるチカラを磨くことだった。具体的に言うとブログの書き方を学ぶこと。写真の撮り方ではなく写真の見せ方やインターネット上での拡散の仕方を学ぶ必要があると思った。

その時に見つけたあるブログ塾。値段も手頃だったし参加を決めた。

ブログ塾の先生はかつての同期。

今から10年前に藤村正宏先生の塾で出会った壁下陽一さん。彼とは「同期」である。そして12人いた同期の中で唯一同じ、20代だった。藤村先生の塾には上級コースがあって、ボクも彼も同じような時期にそこに参加した。その時は同じような立場だったと思う。

 

高校の頃のマックスさんの写真

高校の頃のマックスさん

普段のマックスさん

普段のマックスさん。クリーニング屋を経営しているドSの関西人。

ボクはここ2年、コーチングとか組織づくりの方に時間を投資していたので、その塾にはあまり行けてなかった。・・・が彼は続けていた。当然だけど差は開く。それは分かっていた。

彼のアダ名はマックス。みんなからそう呼ばれていた。もちろんボクもそう呼んでいた。

マックスさんの結婚式の写真

何年か前に参列した結婚式の時の写真。塾の仲間が沢山集まった。

ボクが撮ったマックスさんの写真

カメラのことを意識していない瞬間を捉えて写した写真。カッコ良く撮れてるはずなのだが、キャラと合わないのか使ってくれない(笑)

先週、かつての同期・・・マックスが主催する塾が始まった。

中途半端な覚悟では何も掴めない。

以下はマックスのブログからの引用。ボクのことを自分のブログに書いてくれている。

僕に楯突く(笑) 阿部タクホくんのブログ 子供の笑顔の写真を撮る方法

(中略)

子供の笑顔の出し方を優しく解説してくれている。さすがだね。プロです。いい記事。でもね、彼の以前の記事も見て。全然面白くないから。イイネの数も悲惨 0 とか 10 とか…書くポイントを変えると結果は全然変わる。

イイネの数から自分の価値を判断しても良いと思います。タクホには子供の撮影のコツは聞きたいけど、タクホから毎日毎日異業種交流会のことは聞きたくないということ。

でも、彼の反抗は僕に取ってとってもいいブログになりました。それでは来週もがんばっていきましょう!!

ボクはこれから、かつての同期を師匠と呼びます。

もうね・・・正直・・・ウッとくる。

けど、人に教わるのはそういう事なのかもしれない。そりゃそうだ。教えてくれって言ってるのに「同じ立場」のままで居たいんだったら行かなきゃいい。師匠、かなりのSだし、口悪いし、腹立つけど自分で選んで決めたことだからプライドを捨てて頑張ろうと思う。

そして塾が終わったからといって同期とは二度と思わないし、呼び捨てにすることも多分もうない。もう軍門に下ったと思われてもいい。この場を借りてお願いします。伝わるブログの書き方を教えて下さい。

入塾して4日。ブログ塾の成果

そんなマックス師匠のブログ塾ですがとってもスゴい。たった一言のアドバイスで今まで悲惨だった(と言われていた)ボクのブログ記事内イイね。参加してからシェアしたイイね数は56、443、108、80。ボクの記事内イイねのベスト10にどれも入っている。

1記事のアクセス数も過去最高になった。そもそもブログを書き始めて2ヶ月だから全然少ないかもしれないけど1記事で1400アクセスってのは、今まで出たこともない。

スクリーンショット 2015-08-02 10.01.27

一気に伸びたアクセス数。

伝えるチカラが今こそ必要。

どんなに良い商品やサービスであったとしても、知ってもらえなければ存在しないのと同じ。師匠の共通の師匠の藤村正宏先生から教わったことであります。ややこしい言い方(笑)

どんなに良い写真でも見てもらえないと存在しないのと同じ。そして今はSNSの時代。孫正義さんも情報革命は始まったばかりと言っていた。これから仕事を始めるクリエイターはみんな「伝えるチカラ」を磨く必要があると思う。

そんなわけでマックス師匠のブログ塾は超おすすめであります。ブログを書いている人やFacebook、Twitterを仕事でやっている人はとても役に立つと思う。次の開催も大阪、札幌と決まってるのですが、この情報だけじゃよくわからないと思いますので、まずはこちらからブログを読んでみてください。

ただし、相当の覚悟をしないと火傷する塾なので中途半端な気持ちで参加するのはオススメしませんが・・・。もし良かったら、ボクの覚悟、、、見ていてくださいませ。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP