技術の進歩で仕事を失う人、仕事を創りだす人。

こんばんは。オリンピックが気になるけれど、ブログを書いている阿部拓歩です。
アナウンサーがトリプルサルコーとかダブルアクセルとか言ってるけど
どんな技か全くわかりません。

みんなも多分知らないんだろうな(←勝手な推測)
なのに、このフィギュア人気(笑)

僕も含めて日本中がテレビに釘付けです。

技術の進歩によって今まで1日かかっていたことが半分になったり
特殊な技術がないとできなかった事が出来るようになったり・・・。

例えば僕が撮っている写真。
写真というテクノロジーが出来る以前は、肖像画を書くのに数時間かかっていましたが
それは1分でできるようになりました。

写真家は仕事を得ましたが、たくさんの画家は仕事を失いました。
世の中は前より便利になりました。

そして現代。
1000万画素のカメラといえば、つい10年前までは100万円したのに
今では携帯電話に付属している時代です。
ただ写すだけなら写真家を雇う必要はなくなりました。
だれでも記録できるようになり、世の中は便利になりましたが
記録する事では写真家は生計を立てられなくなってきました。

計算機の登場で仕事を失った人もいるように
携帯電話についてる音声認識技術で仕事を失う人も出てくる。
you tubeの自動翻訳機能で仕事を失う人も出てくる。

世の中は常に動いているんです。

今後どんなテクノロジーが登場するのか?
予想もできませんが「作業」を人がする必要性はどんどん無くなって来ています。

プロフィール写真

機械の進歩はすごいけど、まだまだヒトにしかできない部分はいっぱいある。それに機械を使うのはヒトだから、それに合わせて人類の可能性も広がっていくハズ。

人の仕事は「創造すること」に移り変わっていくと言われています。
「あなた」を売る必要性が高まっていくということです。
時代の波に乗り遅れないように進化していきたいですね。

浅田真央ちゃんの出番までもう少し・・・・。
風呂でも入ってこようかな。

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP