藤村正宏さんのカッコイイ所は言うだけじゃなく自分もやる所

今日は久しぶりに電車移動。

大阪市内から神戸の舞子まで向かっています。

大激変の世の中だって言われてますよね。インターネットやスマホの登場で便利になったり、様々な社会不安で先が見えなかったり。ビジネスでも従来のやり方が通用しなくなっている。

昔は立地ってとても重要で駅前に店を出せば流行るみたいなところがあった。ウチの徳島の二店舗も両方駅の目の前。けど、今は駅前に出したっ からって流行るわけじゃない。
つーか、駅前のおっきな会社が潰れたりしている。

世の中は確実に変わろうとしている。

僕みたいな30代の駆け出しの経営者なら、その変化に抜いていくのは普通のこと。けど、従来のやり方で十分成果を出している人でも変わろうとしているのは凄いと思った。

その人とは昨日撮影させて頂いたマーケティングコンサルタントの藤村正宏師匠。2005年に出会ってから、色んなことを学ばせてもらっている。

本も20冊出していて、上場企業のコンサルを幾つもやっていて、500人の前で講演していて、クルマをしょっちゅう買い換えていて、ブログ読者も5000人ぐらいいて、オシャレな格好をしていて、言うこともやる事もカッコイイ人。

こんな凄い人でも、変わろうとしているのだ。60期まで続いた毎回キャンセル待ちがでるような塾(僕はここの出身)を捨ててまで新しい事にチャレンジしようとしてるのだ。

師匠もよく引用するダーウィンのコトバ。
『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることが出来るのは、
変化できる者である。』

師匠の何がカッコイイって実際自分も変化してるトコだわー。

スマホの普及のおかげでブログ記事を発信できた電車の中でした。

では行ってきます!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP