Loading

TAKUHO photo diary

あなたの思い出は安くない。

つい最近まで写真って高価なものだった。

1枚撮るのにすご〜く手間がかかっていた。暗室という光の当たらないところでフィルムをホルダーにセットして、1枚シャッターを切るごとにフィルムを交換。撮影したら慎重に処理をして現像液で処理。乾燥させて傷かつかないよう保管。写真学校でひと通りやったけど、とても手間がかかる。

それが写ルンです(懐かしい・・・・)という商品が登場したことで身近になった。誰でもカンタンに画像を残せるようになった。

そしてスマホが出てきたことで誰でも無料でカンタンに写せるようになった。記録方法としてのカメラはとても便利なもの。というかカメラじゃなくてスマホにカメラが付属している。誰でも持ってる。古い言い方だと1億総カメラマンか(笑)

撮るのは無料。見せるのも無料。送るのも無料。機材がとっても安くなって誰でも身近に写真を楽しめるようになった。

 

けど見落としがちだけど大切なことがある。

カメラは安くなったけどあなたの思い出は安くなってないんですよ。

思い出を残すのは手軽になったけど、思い出を作るのは手軽にはなってない。忙しい毎日と複雑な人間関係で難しくなっている。

家族写真

去年撮った家族写真。二度と時間は戻らないから大切な写真は絶対無くさないようにしたい。

だからカメラマンとしてお願いしておきたい事・・・・バックアップをちゃんと取っておいて欲しいんですね。「思い出を大切にできる人」ってとってもステキだと思うから。原始的だけどプリントしておくのもオススメですよ。

今日もステキな一日を(^^)

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

プライベートの写真。夏の思い出

ジョン・レノンの名言:全ての人が美しい

PAGE TOP