Loading

TAKUHO photo diary

カメラマンは「笑ってください」と言ってはいけない

明日からセミナーでカンヅメなので、ブログが書けないかもしれません。

この後、明後日の分もまとめて書こうと思ってるのですが
どこまで書けるかな・・・・。

噂では朝9時から深夜1時まで及ぶこともあるそうな・・・・。

それはさておき、今日は写真のシャッターチャンスについて書こうかな。

シャッターチャンスを捉えるというと何やら難しそうでプロ向けっぽい記事だと

感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

誰にでも出来るカンタンな方法です。

 

よくお客さんから頂くリクエストでね、「自然に撮って欲しい」って言われるんですよね。

何でなんだろう?って考えてみたんですけど、

それはきっと「不自然な写真が多い」からなんだろうと思うんですよ。

 

どうやったら自然に笑った所が撮れるんでしょうか?

その秘訣は言葉のかけ方にあります。

 

「笑って下さい」と言わずにどうやったら笑うか?を考えて撮ってみましょう。

エクスマソーシャルセミナー

マーケティングで師事している藤村正宏先生の塾で撮った写真。笑ってくださいと一度も言ってない。面白いこと、楽しいことをすれば人は笑う。

難しく考えずに楽しめば大丈夫ですよ(^_^)

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェームススキナーさんの研修で千葉でカンヅメに

運動習慣を取り入れる

PAGE TOP