Loading

takuho diary

社長ブランディングが必要な理由①

社長ブランディングは必要でしょうか?

昔は社長ブランディングなんて必要なかったんです。でも今は必要になってきた。

 

高度経済成長期・・・・・昔はモノがありませんでした。

車、冷蔵庫、テレビ、だからみんな欲しがった。

・・・・・って教科書に書いてありましたね。

師匠の藤村先生(←ブログ記事にとびます)が言ってた事ですが

今はモノは余っているそうです。

そういえば、僕も特に欲しいものはない・・・・

冷蔵庫には冷たいビールが僕の帰りを待っているし

熱ければエアコンつければいい。

車で移動すれば夏も快適です。

モノが余ってるってことは、

品質のそこそこ良いモノはどこでも手に入るってことです。

ヤマダ電気で買おうがケーズデンキで買おうが大して変わらない。

保険も車も服も同じ。

誤解を恐れずいえば良いモノは簡単に手に入ります。

ってことはどうなるか?

もし、友達がヤマダ電機の息子だったら

間違いなくヤマダで買いますね。

車もそう。

友達が車屋をやってたら当然そこから買います。

ウチの奥さんも友達の店で服を買っています。

もし、友達がヤマダにもケーズにもいなければどうするか???

多分「感じのよい方」から買いますね。

ってことは、違いをどこかで出さなければなりません。

つまり、「あなたという人間」が商品になるわけですね。

だから、名刺に写真を入れるのは当たり前。
ブログに写真を載せるのは当たり前。

色んなところにあなた自身を出しましょう!

え?写真がない??

そんなあなたは

僕にまかせて下さい!

ちょっと強引(笑)

社長ブランディングはお任せ下さい。

プロフィール顔写真

 

良い写真=良い広告写真?

大阪のエクスマセミナーにて

PAGE TOP