「どんな仕事も世の中に愛を届けているんだ」と藤村正宏師匠

今から9年ほど前に出会いました、マーケティングコンサルタントの藤村正宏師匠。その当時のボクは25歳で夢破れて徳島に戻ってきたばかり。大学行った後に写真の専門学校まで行かせてもらったので社会人経験はたったの1年だけ。

右も左もわからない状態でした。

フォトグラファーでもあると同時にお店も経営していかなければならない。約30人のスタッフの生活を守っていかなければならない。

写真の勉強はしていたので不安はなかったけど経営なんてやったことないし、どうすればいいんだろうか??一体どうすればお店は上手くいくんだろうか?何を頼りに進んでいけばよいか分からない・・・・そんな時に出会った師匠であります。

 

以前に撮影させて頂いた藤村先生の写真。とっても自然な姿を捉えています(←自画自賛)

モノではなく体験を売るという視点で様々なことに気づかせてもらっています。お客様は20ページアルバムとか六切り写真が欲しいわけではない。家族の想い出を最高の形で残したいだけなのだ。ということです。

うん。深い。

一応マーケティングの先生なのですがマーケティングだけにとどまらず仕事をする上でどんなことに気をつけるべきかなど気づきを頂いております。

そんな藤村先生の言われている言葉で一番好きな言葉・・・・

 

「どんな仕事も世の中に愛を届けているんだ」

初めは意味が分からなかったけど、今はどうやったら楽しくなるかと考えられるようになりました。

 

先生は有名な方で本も20冊ぐらい出されています。アマゾンで売っていますので是非読んでみてくださいね。

ボクのイチオシの本は「安売りするな!価値を売れ!」です。

t02200220_0220022011662988695

藤村先生を撮影させて頂いた時の写真はこちら

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP