Loading

TAKUHO photo diary

価格「以外」で選ばれるために

昨日から一気に冷えたので慌ててコートを下ろしてきました。朝イチから大阪の中央公会堂前でロケーション撮影を一本終えてスタジオのデスクでほっと一息。ドライフルーツをかじりながらブログを書いています。

どのお店で買っても同じ。

コモディティ化というコトバをご存知でしょうか。

ボクはこの言葉をマーケティングの師匠の藤村正宏先生から聞いて知ったのですが

コモディティ化とは・・・・・競合する商品が差別化できなくなり、価格や買いやすさだけを理由に選ばれたり選ばれなかったりすること。機能や品質では大差ない商品は消費者にとっては「どこで買っても同じ」状態になっている事を指す。

いい例がテレビですよね。どこのメーカーのテレビも対して違いはない。

 

52MZW300_L

ソニーだろうとシャープだろうとパナソニックだろうとそんなに大差ない。するとユーザーは価格だけでどのメーカーのテレビを買うかを決定するわけです。

それに対してiPhoneは脱コモディティ化できてる例と言えますね。日本では圧倒的にiPhoneが選ばれています。

images

サムスンだってメールもできる。電話もできる。写真も撮れるしアプリもある。iPhoneでできる事と他のスマホで出来る事に大した違いはありません。なのになぜiPhoneが選ばれて他のスマホは選ばれないのか?

iPhoneがないという理由だけでdocomoの業績は落ち、ソフトバンクが業績を伸ばしてきたのか?iPhoneの登場によりスマートフォン事業撤退に追い込まれたNECやパナソニックなどの会社がいる一方で創業者のスティーブ・ジョブズが居なくなってもその影響力が残っているアップル。

なぜアップルが選ばれるのか??

その理由は言うまでもなく「ブランド」だからでしょう。

 

でね、実はここからが大切なことなんですが・・・問題はあなたの会社や店はどうかってこと。どうやって自分をブランド化していけば良いかってこと。

そのための第一歩が自分の顔を出すことです。

超有名マーケティングコンサルタントの藤村正宏さんもこのように言っております。

_______________________________________

次の個人の顔を出すということは、誰が言っているのかがわかるようにするということです。
よくチラシやダイレクトメールを見ていると、そこに個人が出ていないことがあります。
会社や店から出しているから、関係性がつくれないんですね。

だってそうですよね。
店よりも、そこの店長から手紙が来たほうが、関係性はつくりやすいでしょ。
別に、企業や店とは仲良くなりたくないのです。

藤村先生のエクスマブログより引用

_______________________________________

そう。自分をブランド化する第一歩は「個人の顔を出すこと」なんですね。

 

そしてホームページやチラシや名刺などに自分の顔を出す際には、きちんと自己演出された写真を選んで下さいね(*^_^*)

スクリーンショット 2014-11-14 15.17.09

もし自己演出についてお悩みでしたら撮影についてご相談くださいませ。

プロフィール顔写真

 

Share on LinkedIn
Pocket
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京渋谷にてパーティーの撮影

小さな会社が輝くたった一つの方法

関連記事

  1. 春の桜ロケ 結婚写真

    2016.04.01
  2. 取り留めもない休日日記

    2015.08.27
  3. 5Ds R(カメラ)を買う前にするべき大切なこと

    2015.03.05
  4. すべての物事は必然である

    2017.07.23
  5. 女性社長のプロフィール写真

    2015.06.01
  6. 講演の様子を写真でレポート!パッケージ松浦さん 後編

    2015.07.23
PAGE TOP