廃墟前ファッションポートレート

写真の先にある「伝えたいこと」

昨日の深夜ドライブを経て大阪店に戻ってまいりました。

外を散歩する人がちらほら。
ここ中之島バンクスは都心ですが穏やかな日曜日です。
雨止んで良かったです。

心が穏やかになると今日も良い一日になりそうです。

僕はポートレート(人物の肖像)写真の専門家ですが、
ポートレートといっても様々です。

ファッションポートレート。
家族写真。
経営者のプロフィール写真。

どれも同じ人物写真ですが、目的が違います。
一体誰のための写真なのか、何のためにプロに撮ってもらうのか?その理由も違うってことです。

ファッションポートレート。

廃墟前ファッションポートレート

廃ビルの前で撮影しました。全体的にグレーな背景だったので赤い洋服が映えますな。

ファッション雑誌に載せるための写真作品です。
クライアントは雑誌媒体の時もあるし、洋服メーカーの時もある。

ファッションポートレート写真の目的は大雑把に言うと洋服を売ること。

誤解を恐れずに言うと人物を魅力的に見せることではありません。
人物は洋服をよく見せるためのパーツです。
(もちろんクライアントが洋服メーカーの場合です)

家族写真。

幸せな家族写真

寝っ転がってもらって上から撮りました。幸せそうな家族の瞬間です。

依頼をくださるのは一般の家庭です。
なぜ写真を撮るかというと、幸せな今を残したいから。

家族写真を撮る目的は思い出を作ること

 

そして経営者のプロフィール写真。

プロフィール 社長

その目的は経営者を魅力的に見せることによって
会社の業績をアップさせることです。

ここで大切な視点があるのですが問題はその見せ方です。
おしゃれに見せれば会社にとってプラスに働くでしょうか。
それとも美しく見せれば会社にとってプラスに働くでしょうか。

ホストを経営してるならそうかもしれません。
けれどクライアントがコンサル会社だったらどうでしょう。
美しさより優先すべきものが他にある。

信頼感や仕事ができそうな感じの方が大切です。

何をするにせよ一体何のための写真なのか
目的はなんなのか。

それを見つめなおすことはとても大切なこと。
そんなことを考えた日曜日でした。
原点からズレないように仕事していきたいですね。
では良い休日を!

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP