家族写真

夫婦が円満になる考え方

こんばんは。大阪にある本町のスタジオでブログを書いていますフォトグラファーの阿部拓歩です。

今日は残業モード。

最近沢山のお客様が来てくださるお陰でとっても忙しく過ごさせて頂いているのですが、ブログも頑張って書いていこうと思ってこうしてパソコンに向かっております。

 

人生の目的はなんですか?

 

 

そう聞かれた時にフィジーの国の人達は迷わずに「幸せになること」と言ったそうです。

お金を稼ぐことでもない。

仕事で成功することでもない。

何かを手に入れる事がゴールではない。

 

幸せという心の状態を目指すのが人生の目的だといいます。

仕事に依存するのもひとつの生き方ですが、家庭でも成功できるよう努力し続けられたらイイですね(^^)

では家庭でも成功できるためにはどうしたら良いのか??

 

それは日々の努力だと思いますが(笑)ボクも結婚5年目でそんなにエラソーなことも言えないので

ネットから夫婦円満の秘訣を引っ張ってきました(^_^;)

まったくけんかをしないより、たまには小さなけんかをするほうがいい

出典| 夫婦円満になる30の秘訣 | HappyLifeStyle

生まれ育った環境が違い、性別も違えば、考え方も違います。

どこかひとつくらいは違いはあるはずなのに、対立がまったくないというのは、なにかを我慢しているからではありませんか。熟年離婚で最も多いケースにみられるのは「けんかをしたことがない」というパターンです。

不平や不満も、時には良薬です。
お互いが納得できるように、我慢をせずに言い合って、うまく改善できるように話し合うのです。

(以上、引用終わり)

なるほど。確かに、今まで別々の人生を歩んできた二人が一緒になるのだから、考え方が違うのは当然。ぶつからないほうが不自然と言えます。結婚とは我慢だと言う人もいますが、お互いが納得するのも大切です。時にはお互いの気持ちを伝え合ってみるのも、良い夫婦関係を作るコツかもしれませんね。僕も参考にさせてもらいます。

家族写真

いつも撮影にお越しくださる山本さん一家。この家族の10年後はどんなになっているだろう?そう考えると楽しかったりします。

 

 

 

良い家族を作る方法

夫婦関係ではないですが家族が仲良くいられるためにも家族写真を撮るのもすごく良い習慣だと思います。

毎年一枚ずつ家族写真を撮ったとしましょう。

20年続ければ20枚の歴史。

 

そのような素敵な習慣を持ってみるというのもいかがでしょうか?

家族写真の作品を見るにはこちらからどうぞ(^^ゞ

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP