【現状維持はありえない】 94年前の地震を乗り越え成長した人と落ちた人。

今朝、ジョギングして7時半ぐらいに帰ったら、

まだ娘も奥さんも寝ていたので暫くギターを弾いて遊んでいました。

大尊敬する近藤太香巳アニキと一緒のステージに立つ日を夢見て最近またバンド熱が再燃。

まずは単独でライブをたくさんしたいと思います。

さて。

写真を撮ったり、楽器を演奏したり。

思えばこの20年間やっていることはあまり変わりません。

幼稚園の授業参観

(写真は幼稚園の授業参観で撮った娘)

大好きなことをやって心のままに生きていきたい。

ノンビリと、ダラダラと。

歌って、飲んで、撮って、寝て。

変わらずにいられたらこんなに楽なことはない。

でも、

退屈な人生は嫌だし、お店の経営をしているとこのままではいけないと強く思います。

もうすぐ地殻変動が起きる。

だから自分は変わらなければならない。

写真館という斜陽産業⁉︎でやってるせいなのか、そう感じているんです。

 

少し怖い話を聞きました。

物理的な地殻変動がもうすぐ起きる可能性が高いようです。

ここ一年間で起こった地震の発生パターンが関東大震災の前の一年に似ているそうなんですね。

関東大震災があったのは1923年の9月1日。

190万人が被災し10万人が亡くなった。復興のために使われた予算は国家予算の6割以上だった。

まさに国家存亡の危機。

その関東大震災の前の1年間で16回の地震が起きているそうなんですね。

地震は大地を支えている地殻プレートがずれたりする事が原因で起きます。

なので、一つ地震が起きると、連動して起きやすくなるという法則があるそう。

怖いなって思ったのは、その地震が起こった場所。

その16回の地震の内、6回が茨城。4回が九州でマグニチュード7クラスだったんだそうです・・・。

関東大震災から93年後の去年は熊本、鳥取、福島とマグニチュード6~7クラスの地震が沢山起きました。

地震大国ニッポンの「過去」が物語る地震の法則・・・・。

とっても怖くないですか。
地震は起こるかもしれませんし、起こらないかもしれない。
でも、

1つ確かなことは世の中の仕組みは必ず定期的にリセットされるということ。

関東大震災で全てを失った人。

全てを失ったが、また立ち直りそれ以上のものを手に入れた人。

それはピンチでありますが、チャンスでもある。

東北大震災、リーマンショックにトランプ就任。

今、世の中は大きな地殻変動が起きていて、古いものと新しいものが入れ替わりつつある。

だから、

四国の徳島だけでやってたのではダメ。

そう思って大阪に店を出して五年。

お陰さまで徳島か大阪に大地震が来ても、スタッフを解雇しなくても済むような状況を作ることは出来た。

日本円が破綻する可能性もあります。

というか、いずれ破綻するでしょう。

アルゼンチンやギリシャのようにお金が紙くずになる日がやって来ます。

だから、東京へももう直ぐ事業所を出しますし、今後は海外進出はマストだと思っています。

大好きなことだけをやってのんびり生きていきたいのはやまやまですが、変化の波に飲み込まれたら終わりです。

 

 

地殻変動の真っ只中で現状維持はあり得ない。

歌って、撮って、飲んで、寝る。

命懸けで遊びたい。
そんな曲でも作ろうかな(笑)

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP