プロフィール

プロフィール写真を選ぶ基準

プロフィール写真を選ぶ基準

関係性を作り出す写真

このページをご覧のあなたは仕事に使うプロフィール写真を撮ろうとお考えのことだと思います。

せっかくお金を投資して写真を撮るわけですから意味のあるものにしたいですよね。

ではビジネスでプロフィール写真を撮るとしたらどんな写真が良いとお考えですか?

きれいな写真?

カッコいい写真?

自然な写真?

美味しそうな写真?

プロフィール

どれも正解かもしれませんが、正解はありません。

どんな写真を掲載するかはあなたのビジネスによって違うからです。

大切なことは職業とプロフィール写真がマッチしていること

カウンセラーの場合は親しみやすい写真の方が良いでしょう。

デザイナーの場合は格好いい方が良いでしょう。

けれどこれが逆になってはいけないのです。

 

「あなたはどんな人間としてお客様の前に表れるのか」を決めるのです

「写真で何を伝えたいのかを明確にする」のです。

ビジネスに使う写真は決して作品ではありません。

あなたの人柄を伝える手段です。

 

究極は「写真を撮る事を通じて業績をアップさせたい」

これが目的ではないでしょうか。
だからいくら美しい写真でもそこに貢献できないと価値はない・・・のではありませんか?

あなたが美人に写っている写真ではなく職業にあった写真を選ぶのがコツです。

プロフィール顔写真
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿部拓歩について

情熱をテーマに人物写真を撮っている写真家。経営者を中心に「ニッポンの偉大なリーダーの素顔」をwebや写真展などで広く伝える活動をしています。

プロモデルではないフツーの人を自然に撮るのが得意で「笑って」と言わずに笑顔を引き出して撮影するスタイルがウケています(←自分で言っちゃった)。

創業80年になるフォトスタジオを徳島と大阪で5拠点 経営し家族の宝物をつくる事業をしています。東京にも月に3回ぐらい出没中。

4

LINE登録してね

ブログの更新通知やここでしか告知しないお得な撮影会情報をLINEで配信中
LINE

メディア掲載実績

大阪でおこなった「大切なもの写真展」について地元の徳島新聞に取り上げられた時の記事です。徳島新聞に掲載された時の写真

メディア掲載実績はこちら
PAGE TOP