1. HOME
  2. ブログ
  3. 中国人はもう日本を相手にしていない

中国人はもう日本を相手にしていない

ネクシィーズの近藤太香巳さんが
主催しているパッションリーダーズ。
その海外視察ツアーで
上海に行ってきました。
アリババ本社

アリババ本社

湘南美容外科クリニックの相川佳之先生や
元LINE社長の森川亮さんなども
こられていました。
何気ない瞬間にどういう言葉を発するか
いろいろ学びになるんですが
それはまた別の機会に
お話することにしましょう。
それよりも感じたのは
中国人の自信です。
人口や経済の伸びを見ても
明らかなように
中国は伸びています。
彼らは世界第2位の
経済大国なわけですが、
日本人はもはや相手にされていません。
それどころか、
彼らはアメリカを確実に
追い越せると確信しているようです。
中国には「独身の日」
というのが11月11日にあります。
その日は多くの単身者が
パーティーをしたり買い物を
したりするようです。
今回見学に行ったアリババは
独身の日が年間で一番売上が多い
らしいのですが、
驚くことに、それが楽天の
年間売上高より多いそうなのです。
中国のネット企業が
たった一日で稼ぐ金額が
日本のネット企業が
年間で稼ぐ金額より多い。
世界はどんどん変わっています。
ほんの10年ぐらい前までなら
メンタル的に自分たちを
卑下していたように思えます。
ところが、
今の中国人はそうではない。
尊大で横柄だと
感じる人もいるでしょう。
世界を先頭で引っ張っていこうとする
メンタリティーを感じました。
変わり続ける流れに
飲み込まれるか、
閉じこもるか
漕ぎ出すか。
正解はありませんが
前に進んでいるつもりだったのに
気づけば後ろに下がっていた・・・
なってことになったら笑えません。
今を正しく捉えるために
世界を見て回ることは
大切だなと感じたのでした。

アリババ本社 エントランス

関連記事