Loading

TAKUHO photo diary

まぼろしのようなじかん

幼稚園の頃、時間は今より長く感じられた。

夏休みがこんなに長いのだから、1年は遥か先。そう思われた。

中学生は大人みたいで、25歳といえばオジさんと大差なかった。

自分が大人になるのは随分と先。

いつまでも幻のような時間は続く。

そう思っていた。
でも、それは幻想だった。

平和はいつまでも続くのだろうか。

プロカメラマンが教える子供の笑顔を撮る方法

我が家

関連記事

  1. For exhibition in New York

    2017.07.25
  2. オカミが作った美しい国

    2017.02.21
  3. Passion Leaders

    2017.02.12
  4. 古い夢  old dream

    2017.07.02
  5. 喰われる街

    2018.02.09
  6. 荒野に咲く花のように

    2018.02.11
PAGE TOP