Loading

TAKUHO photo diary

超一流の生き方とは?作家 小松成美さんの講演を聞いて

小松成美さん

先日、著名なノンフィクション作家 小松成美さんの写真を撮ってまいりました。

小松成美さんは野球のイチローさんやサッカーの中田英寿さんX JAPANのYOSHIKIさん、歌舞伎の中村勘三郎さんなど超一流のプレイヤーの心の奥底に迫る作品を数多く出されています。

【小松成美さんプロフィール】 真摯な取材、磨き抜かれた文章には定評があり、数多くの人物ルポルタージュ、スポーツノンフィクション、インタビュー、エッセイ・コラム、小説を執筆。 第一線で活躍するノンフィクション作家。 1962年、神奈川県横浜市生まれ。日本大学藤沢高等学校卒業。専門学校で広告を学び、1982年毎日広告社へ入社。放送局勤務などを経たのち、作家に転身。 生涯を賭けて情熱を注ぐ「使命ある仕事」と信じ、1990年より本格的な執筆活動を開始する。 主な作品に、『アストリット・キルヒヘア ビートルズが愛した女』『中田語録』『中田英寿 鼓動』『中田英寿 誇り』『イチロー・オン・イチロー』『和を継ぐものたち』『トップアスリート』『勘三郎、荒ぶる』『YOSHIKI/佳樹』『なぜあの時あきらめなかったのか』『横綱白鵬 試練の山を越えてはるかなる頂へ』『全身女優 森光子』『仁左衛門恋し』『熱狂宣言』『五郎丸日記』『それってキセキ GReeeeNの物語』などがある。 2014年9月、高知県観光特使に就任。 現在では、執筆活動をはじめ、テレビ番組でのコメンテーターや講演など多岐にわたり活躍中。 オフィシャルサイトより抜粋

経営の師匠 近藤太香巳さんのご縁で出会って以降、同じクリエイターとしていつも学ばせて頂いているので、この日を楽しみにしていました。

小松成美さんが描くのは超一流の成功者たち。

華やかな成功を手にした瞬間。そこに至るまでの軌跡や彼らの感情を描いていきます。それは喜びだけでなく、人には知られたくない悩み、葛藤やいらだち、プレッシャーなど。小松成美さんの作品は題材となる人物もさることながら超一流のノンフィクションです。

どんなに成功しているように見えても同じ人間。そこにドラマがある。上辺の感情だけでは駄目なんだ・・・そんな当たり前だけど大切なことを教えてくれます。

インタビュアー泣かせと言われたイチローさんの心をどうやって開き、「小松成美さんに自分の本を書いてもらいたい」と言われる関係を作り上げたのか。

イチローさんだけではなく、中田英寿さんにも同じことを言わせた事から、マグレではないことは明らか。

その秘訣は何なのか?

超一流とはどんな生き方なのか?

成美さんに触れるたびに考えてきました。

一言では言えませんが、まずは前提として方法論、テクニックの類で人の心は掴めないということです。

そして真心だけで望みが叶うほど甘くもないという事も分かりました。

人として忘れてはいけない誠実さを土台として持っていないとまず相手にもされません。それに加えて、自らの使命を信じ、突き進むある意味でクレイジーな熱狂が超一流には必要です。ある意味で多くの犠牲やリスクを伴う人生でもあります。

例えば、成美さんは中田英寿さんの海外の試合に同行して取材をするために、車を売った事もあるそうです。

もし、作品が売れなかったらどうしよう?
そんな事を考える前に行動してしまうようです。

小松成美さん 人成塾

26歳までは普通のOLをしていた女性が、大好きな事をやろうと決意し作家になる。

いわゆる男性社会と戦いながら作品を書き続け、今では菅義偉 官房長官のような国のNo.2のインタビューを任されるまでになった。

超一流の才能と燃えるような情熱が人生を切り開いたのだと思いますが、そこに至るまで多くの犠牲を払ってきたと推察しています。

また、一時の熱狂でも駄目なようです。10年、20年という長い時間軸でやり続ける事が超一流の人たち。

輝かしい結果を出している人を見て羨ましい気持ちになったりもしますが、成美さんが教えてくれたのは、みんな1人の人間だという事です。

超一流の成功者もそれぞれのステージで悩み苦しみながら進んでいる。

「人生のイノベーションはあなたにも起こすことができる。」

これまで数多くの超一流に触れてきた小松成美さんが最後に語った言葉に集約されていました。

結果を出せるかどうかが大事なのではない。どのように挑むのかが大事なのだ。

そんな事を思った夜でした。

ちなみに僕の一番オススメの作品は熱狂宣言です。

是非読んでみて下さいね。

瞬間との出会い

関連記事

  1. 近藤太香巳社長の最新刊「リーダーは背中で語れ」が手元に届きました

    2015.07.01
  2. 成功する人はシンプルに生きてる

    2015.05.23
  3. 原点を大切に〜バルニバービ佐藤裕久社長から教わった事

    2015.07.06
  4. 松村厚久さんに学ぶリーダーの生き方〜映画化決定!熱狂宣言

    2018.02.23
  5. GMO熊谷正寿社長から学んだ些細だけど大切でやり切るのが難しい事

    2015.11.05
  6. 「すべての物事は必然である」 松村厚久社長の言葉

    2016.09.20
PAGE TOP