1. HOME
  2. ブログ
  3. 財布はなくしても手帳はなくさない

財布はなくしても手帳はなくさない

たった一代で日本最大の美容外科グループを

創り上げた湘南美容外科クリニックの相川佳之先生。

 

パッションリーダーズという経営者の集まりで

一緒にクルーズに出かけた事がある。

 

広がる海に青い空とギラッと照りつける太陽と

昨日までの疲れを癒やすかのような風。

どうやったら会社が良くなるのか

どんな失敗をしてきたのか

午前中から少しお酒を飲みながら

仕事について、夢について熱く語り合った。

 

 

相川先生の夢は世界一。

メイヨークリニックという業界では有名な病院を作りたいらしい。

 

そのためにやるべき事は全て明確化されていて

数値に落とし込まれているのだとか。

 

売上目標や予算だけではない。

毎日の自分の行動に至るまで徹底管理。

毎朝手帳に昨日までの自分の行動を○×式で振り返るのだ。

その項目はシンプルなもので
笑顔でいることとか
運動をすることとか
そんな誰にでもできる内容だった。
誰にでもできることを
誰にも出来ないレベルでやる。
そう言い切っていた。

 

自分の大切な夢が書かれた手帳。

その叶える過程や必要なことが全て記されている。

だから、

飲んでいるうちに酔っ払って

記憶をなくしてしまうことはあっても

手帳は絶対なくさないのだそうだ。

関連記事