Loading

TAKUHO photo diary

退屈で豊かな暮らし

中学生の頃、バスケ部が休みの時には川に泳ぎにいくのが楽しみの一つだった。

前山という小さな山を自転車で登るのに20分。

乳酸が溜まりまくった頃に山の上の方に辿り着くのだが、そこには厄介なトンネルがあって、僕らはみんな全速力で駆け抜ける。

なにしろ、そこは県内でも有名な心霊スポットだったのだ。

最後の関門を抜けると後は下り坂。

ブレーキだけを使って下り坂を降りたら四国の清流が目の前に。

岩場から飛び込んだり、流れに逆らって上流に登ったり、銛で魚を獲ったり。

徳島の暮らしは退屈で豊かだった。

社長のプロフィール写真。オススメはTPOを考える事です。

郵便局員の憂鬱

関連記事

  1. すべての物事は必然である 松村厚久さんの言葉

    2017.07.23
  2. プロフィール写真は「美しい写真」を選んではいけない。

    2015.08.07
  3. 他人が作った枠ではなく自分が作った枠で勝負する

    2013.03.23
  4. アイスバケツチャレンジin阿部写真館

    2014.08.22
  5. 孤立したリーダーが失敗から気づいた一つの事。

    2015.07.26
  6. その価値が伝わらないなら存在しないのと同じ。

    2013.12.25
PAGE TOP