1. HOME
  2. ブログ
  3. 1流の人はなぜ目の前の事に振り回されないのか?

1流の人はなぜ目の前の事に振り回されないのか?

「来週までに資料作成を済ませなきゃ」

「今日、そういえば買い物を頼まれていたんだった」

「来年にむけて、そろそろ真剣に考えないと」

「夏までに10キロダイエットするって宣言したのを忘れていた・・・」

 

気がつけば毎日の生活において

やらなければならない事に追われている。

 

やるべき事が少なければ

もう少し腰を据えて取り組めるのだけど

やるべき事が多すぎるから

手っ取り早くこなさなきゃいけない。

 

だから、

最低限のレベルでとりあえず済ませてしまう。

僕も含めてそんな毎日を送っている人は多いと思います。

 

その場しのぎで目の前のやるべき事をこなす毎日。

時間だけが過ぎていって

気づけば同じ場所をぐるぐる回っているような気がしてきます。

 

一体いつになったらここを抜け出せるのだろう。

目の前の課題をなんとかクリアして

その場では小さな達成感を感じることが出来るけど

イマイチ、人生が開けている感じがしない。

僕を含めてそんな毎日を送っている人は多いと思います。

上海の夜景

実業家 近藤太香巳さんが主催するパッションリーダーズのメンバーと視察にいってきました。

ところが、

世の中にはスーパーマンのような人がいて

来週の資料作成も、頼まれていた買い物も

涼しい顔で完璧にこなし

ものすごい成果を出しているのに

いつも余裕たっぷりな人がいます。

 

彼らを自分と比べると

間違いなく能力があると思うのですが

その事を彼らに聞くと

決まってこう返ってきます。

 

「人の能力はそんなに変わらない」

「集中してパパっと仕上げれば良いだけだよ」

 

人は自分の潜在能力をほとんど使っていないと

聞いたことがあります。

おそらく答えはその辺にあると

僕は昔から思っていたのですが

肝心なのは答えを知ることではなく

資料作成と買い物を涼しい顔でこなしつつ

来年に向けて、夏に向けて

最高の準備を行うことです。

 

どうやったら彼らみたいになれるのか。

そのことは僕の重大な関心事であり続けています。

 

幸いなことに仕事柄、たくさんのスーパーマンのような

人をカメラのレンズ越しにたくさん見てきました。

撮影の合間などに軽く質問したり

する中でスーパーマンである彼らの

思考をいつも覗こうと観察してきました。

中国の夜景

船の上でスーパー社長さんたちにたくさんインタビューをしてきました。

彼らがどうやって潜在能力を発揮しているのか

その秘密を完璧に掴めたわけではありませんが

一つ重要な事がわかりました。

 

彼らは例外なく普通の人よりも

先の未来を見ているのです。

1週間先の未来から今日を逆算し

1年先の未来から今月の時間の使い方を決める。

 

なぜ、それが出来るのか?

それは能力が人の何倍もあるからではなく

10年先のビジョンが見えているからなのだ。

 

10年思考とも呼べるスーパーマンのビジョン構築力が

彼らに結果を出させているのだと分かりました。

 

一言で言うと「急がば回れ」なのですが

彼らは一体、どのように回り道をしているのでしょうか。

明日はこのあたりについて書いていきたいと思います。

関連記事