挑戦者を撮るポートレート写真家 拓歩【TAKUHO】について

挑戦者を撮るポートレート写真家 拓歩【TAKUHO】

徳島の老舗・阿部写真館の4代目として生まれるが、自らの名前の由来「拓歩:自分の道を開拓して歩く」に目覚め、挑戦者の素顔を追い始める。実業家、アスリートから皇室、文化人まで2000人以上を撮影してきた。パーキンソン病と闘いながら一部上場企業を経営する松村厚久氏を描いたドキュメンタリー映画「熱狂宣言」でメインビジュアルを手がけ、真っ暗闇の部屋でロウソクを手に愛を探す写真展「find your love」は多数のメディアで紹介された。徳島の2店舗から全国で6店舗に拡大した写真館を経営する傍ら写真家の新しい道を開拓し続けている。

主な撮影実績として小泉純一郎元総理大臣、プロ野球監督 星野仙一氏、GMOインターネット熊谷正寿氏、牛角創業者 西山知義氏、ネクシィーズ 近藤太香巳氏、DDホールディングス松村厚久氏、ゼットンファウンダー稲本健一氏、バルニバービ佐藤裕久氏、湘南美容外科 相川佳之氏、作家 小松成美氏、フルキャストグループ平野岳史氏など多数。日本一の経営者交流会 パッションリーダーズオフィシャルフォトグラファーとしても、ブリキのおもちゃの世界的コレクター北原照久氏、元LINE社長 森川亮氏、サイバーエージェント藤田晋氏、SBIホールディングス北尾吉孝氏、吉野家 会長 安部修仁氏、モスバーガー会長 櫻田厚氏、大和証券会長 鈴木茂晴氏など。

大学卒業後、専門学校にて写真を学ぶ。25歳の時に地元・徳島に戻り4代目として家業の阿部写真館を継ぐ。その後、大阪や京都に出店し店舗拡大。店舗運営の傍ら、言葉と写真を組み合わせた作品を発表している。2016年 写真展パッションリーダーズを開催。同年 真っ暗闇の部屋でロウソクを手に愛を探す写真展「find your love」が話題を呼びYahoo! newsなどで多数紹介される。

 

メディア取材履歴 Media appearance history

撮影依頼について

全国で行われる撮影会なら3万円から撮影可能です。

ベンチャー起業家を中心に
「挑戦者」を撮ってきた僕ですが
最近は生まれたばかりの娘の
写真をたくさん撮っています。

実はカメラマンとしてのキャリアは
ウエディングフォトがスタートで
ここ7年は消極的でしたが(笑)
娘が生まれたことを記念して家族写真や
ウエディング撮影など再開しようと思います。

「旅するように写真と暮らす」を
テーマに全国で撮影会をやる予定。
夏は湘南の海でも撮りたいなぁ。

お試し企画なので3万円から
参加できる撮影会をやりたいと思います。

会社でドレスなどの衣装も
500着以上持ってるので
そっちも用意する予定です。

興味のある人は下記をチェックして下さいね。

撮影会を主催したい人の登録もお待ちしています。

個人的な想いを綴ります

4代続く阿部写真館の跡取り

として生まれた僕ですが

不思議だったのが自分の名前。

 

拓歩という名前は自分の道を

開拓して歩くという意味なのに

目の前には立派なレールが敷かれていたのです。

 

16歳で家業を継がない宣言をし

ミュージシャンになるために上京。

実はデビューの話もあったのですが

これまで何不自由なく

豊かな暮らしをさせてくれた

阿部写真館を裏切ることができず

25歳の時、徳島で家業を継ぎました。

 

この退屈な街で終わりたくない。

 

そう思って大阪や京都に出店し

2000万円以上損したこともあったけど

2019年に人生2度目の上京を果たしました。

 

徳島や関西のお店を経営しながら

挑戦者の素顔を伝えるという

ライフワークをしたかったからです。

 

これまでベンチャー起業家やアスリート、

皇室から文化人まで2000人以上を

撮影してきたのですが

 

代表的な作品としては

映画「熱狂宣言」のポスター。

パーキンソン病と闘いながら

一部上場企業を経営する

松村厚久さんと実業家 近藤太香巳さん

が写っています。

 

https://www.nekkyo-sengen-movie.com/

 

◆■◆■◆■◆■◆■◆■

 【エンタメ写真展】

◆■◆■◆■◆■◆■◆■

普通じゃない写真展が

やりたいなあ・・・

そう思って2016年に

「find your love」という

真っ暗闇の部屋で写真展をやりました。

 

「部屋が暗くて何も見えねえ・・・」

ってことで来場者にロウソクを

渡して写真を見てもらい

心の闇の中に愛を探すという

イベントにしたかったのです。

 

そしたら、なんと!

ヤフーニュースに取り上げられたんです。

 

 

蓋を開けてみると

闇を探すどころか

手を繋いでカップルが

イチャついてるではありませんか!

 

二人で一つの灯りを持って

暗い部屋で写真を見る。

「写真展行こうよ」と言って

口説くのには最適です。

 

次は取り壊し予定の

ビルでやりたいと思っています。

 

お化け屋敷みたいな写真展に

したいのでビルを持っている人や

お金出してくれる人がいたら

ぜひご紹介ください!

 

◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■

 【挑戦者の素顔を伝えたい】

◆■◆■◆■◆■◆■◆■◆■

 

祖母が言っていました。

「昔は写るだけで儲かった」

 

けれど、今、僕たちにはiPhoneがあります。

もう、写るだけで生きていける時代じゃない。

 

写真が発明され、

画家の仕事を奪ったように

今後はテクノロジーが写真家の

仕事を奪っていきます。

 

そんな世の中の流れの中で

自分の道を開拓して歩くという

名前を持って生まれてきたのが

僕なので何か新しいことしなきゃいけません。

 

写真家の新しい道を

開拓することは僕の使命

なのだと思います。

 

写真家も変わる必要がありますが

日本もこのままだと

本当にヤバいですよね。

 

これまでの生き方を変えなきゃいけない。

新しい生き方に挑戦しなければ

時代に取り残されてしまうことでしょう。

 

それが頭で分かっていても

一歩を踏み出すのはとても勇気がいること。

 

僕もそうでした。

だから観察することにしたのです。

 

偉大な業績をあげている

人物は一体何を考えているのか?

自分と彼らは何が違うのか?

 

挑戦者を追い続けて7年になりますが

カメラのレンズ越しに

いつも見ているのは

被写体のひりつくような

危険な人生とその時の気持ち。

 

偉大な挑戦者が戦場のような

人生において何に悩み

何に喜び、何に怒るのか。

 

ジャングルの中で爪を研いでいる猛獣を

岩陰からひっそり見ているのが僕です。

 

これ以上近づくと喰われるんじゃないか。

でも、近づいてみたい。

もっと側で見てみたい。

いつもそんな気持ちです。

 

今では一緒に旅行にいったり

著名人から直接教えてもらったり

できるようになったので

これまでの研究成果を

シェアしようと思い、

トークライブをしています。

 

コンセプトは

「レンズ越しに覗いた一流人の秘密」

 

今は実験段階なので無料でご招待しています。

東京の代官山になるのですが

良かったらお越しくださいね。

https://takuho.jp/live

 

これまで撮ってきた人物の

素顔を伝える事で勇気を与えたい。

 

「よし、俺もやれるんだ!!」

そう思って立ち上がる人を

増やしたいと思っています。

 

そして、取材をさせてくれる人も

募集しています。

 

戦場のような毎日で

不安に怯えながらリスクをとって

チャレンジしている姿を撮りたいのですが、

撮らせてくれたらその人に

写真のデータを無料で提供します。

が、僕は撮る人を選ばせて

いただいています。

 

自薦・他薦は問いません。

ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

取材資金を援助してくださる方も

ちゃっかり募集中(笑)

 

この忙しい現代社会において

時間とは命です。

 

読んでもらえるだけで有り難いことです。

長文お読みくださり有難うございました。

ご縁のある方とお会いできるのを

楽しみにしております。

 

SNSなど

Facebook https://www.facebook.com/takuhoabe

Instagram https://www.instagram.com/takuhoabe/

 

阿部写真舘について

阿部写真舘は「最先端に挑戦し続ける老舗」の写真館です。1936年の創業以来、常に新しいフィールドにチャレンジしてきました。

創業者 阿部義貞が開業して25年後。商売の環境が変わり、駅前に店を出すことが重要になってきていました。2代目 阿部恵は本店の移転を決断します。

創業57年目の徳島駅前出店。小さな町の写真館が徳島の中心に出店するというのは大きなチャレンジであり失敗すれば倒産の可能性もありました。それまでは家族経営でしたが、3代目 阿部浩之 宏子の代で20人のスタッフが支える会社へと拡大します。

神戸に出店して失敗したこともあります。大阪で取引先の結婚式場が倒産し巨額の損失を出してしまったことも。それでも、小さな会社が生き残るには挑戦し続けるしかありません。

創業74年目にあたる2010年には大阪へ進出。最近はオシャレで自然な写真を残したいという要望が増えているので、ヘアメイクや衣装や背景に至るまでもプロデュースしています。京都祇園の出店に合わせて英語の話せるアメリカ人フォトグラファーなどを採用したりしています。

代表である私も現在、東京では経営者ではなく1人のカメラマンとして活動しています。

経営理念である「今日だけではなく10年後100年後にも笑顔を届ける」を大切にしながら、世の中に必要とされるフォトスタジオとして創業100周年を目指して挑戦してまいります。

 

 

Copyright© 8Mega WAY 写真家 阿部拓歩のブログ , 2020 All Rights Reserved.