超一流の人から学んだこと 食事の管理

今日は大阪市内の2箇所のロケに神戸のポートタワーでの撮影。

お客さんが12時に来るので早めに飯を食ったほうがいいか、

それともお出迎えをしてからメイク&着替えの時間に食ったほうがいいか、

悩んでおります。

 

そんなことどうでもいいかと思うかもしれませんが

良い仕事をするために心技体を整える必要があるわけであります。

 

そのためにもまずは「体づくり」。

食事を取る時間って大事なんですよね。

 

人間は食べ物を食べたら消化のプロセスが始まるんですけど

消化って水泳以上の重労働なんです。

だから炭水化物とタンパク質を一緒に食べないなど

色んなルールも自分に課してるわけであります。

 

僕もプロのフォトグラファーなので、光の読み方や撮影のトークの仕方などは勉強しています。

みなさんもモチロンそうですよね。

 

営業マンだったら価値の伝え方を学ぶ必要があるし

ヘアメイクさんだったらどのように人を良く見せるか、化粧をするかを学ぶ必要がある。

それは当たり前のことです。

 

 

いくらそういった技を身につけていても

自分の体が整っていないと力を発揮できません。

ウチのスタッフにも腰痛持ちのカメラマンがいますが

彼は年中腰が痛いと言っています。

僕から言わせるとそれを直して最高の仕事をするために必要な事をやっていないわけです。

 

 

良い仕事をするために、どこまでやり切るのか?

 

酒やタバコはもちろん食事まで徹底管理している人と

そうでない人。

 

長い目で見てどれぐらいの差がついてくるかは明白です。

 

もちろん仕事に生きることだけが正解ではありません。

それはその人の選択なので僕がとやかく言うことではないのですが

良い仕事したいならそれぐらいやんないと超一流にはなれないと

先輩を見てきて思うわけであります。

 

そんなわけで長くなりましたが12時になったら食事をしようと思います。

今日は撮影日和で最高に楽しめそうです。

あなたも良い一日を。

今日はウエディングの撮影。新緑の緑を楽しみながら一生に一回の思い出をつくるお手伝いをしたいと思います。

 

フォトウエディングの撮影についての詳しい情報はこちらの別サイトをご覧くださいm(__)m

 

Copyright© 写真家 阿部拓歩のブログ , 2020 All Rights Reserved.